赤ら顔や顔の火照りの悩み

両方の頬が真っ赤になったり、顔の肌全体が赤くなったり、細い血管が浮いて頬や鼻のワキなどが赤くなるなどの赤ら顔や熱を感じる火照りに、悩んでいる人はとても多く、見かけの悩みだけでなく精神的な負担になっている方もいます。
コスメで隠そうするとファンデの厚塗りになったり、白浮きになってしまったり、肌にダメージを与えたりしてしまうことも。まずは基本的な食習慣や生活習慣の改善など体の内側からの働きかけと同時に、赤ら顔に特化した化粧水などでお肌の保護をしていきましょう。
まずは自分の症状と原因を知って、対策をしていくのが赤ら顔改善への近道です。

赤ら顔の原因は?

赤ら顔の原因には、大きく3つのタイプがあります。(1)アレルギーや日焼けなどの理由で肌が炎症を起こしている場合です。(2)気温差などで毛細血管の収縮と拡張の調整に不具合が生じ、拡張した状態が続いてしまい、通常では見えないはずの血液が透けて見えてしまう状態です。寒暖差の激しい出入りが多い所などで、なりやすいといわれています。(3)皮脂が酸化し、その刺激で炎症が起きている脂漏性皮膚炎です。皮脂分泌が盛んで肌がゴワゴワと厚く、でも水分不足で肌あれを起こして皮ムケしてしまうこともあります。ストレスや生活サイクルの乱れ、偏った食事、皮膚の常在菌の異常な増殖も要因として考えられています。
 

過剰なスキンケア

洗顔のときに、メイクや汚れた皮脂を落とそうと、極端に熱いお湯を使っていたり、強い力でこすったりしていないでしょうか。過剰な洗顔はかえって逆効果です。皮膚を守る皮脂まで落として潤いを奪ってしまうからです。また、スクラブ入り石鹸、洗顔ブラシなどを使っている場合も注意が必要です。メイクオフや洗顔は、適温で優しく丁寧に行いましょう。
水分と油分のバランスを保つことは重要です。肌が乾燥しているのに保湿ローションでケアしなかったり、脂性肌の方がたっぷりクリームをつけたりすると、ドライスキンや毛穴のつまりを引き起こし、肌トラブルへとつながります。 

体の冷え

血管は寒いと収縮し、暖かいと拡張します。顔や身体が慢性的に冷えていると寒さから守るため、血管が常に拡張しようとするとするので、身体を冷やさないようにことが大事です。
冷え性の人は、靴下を常用する、腰や肩などにカイロを貼る、冷えた身体を温める入浴剤を入れたお風呂に浸かるなどを行うなど冷え対策を行って下さい。また、水分の摂取を少な目にし、体を温める食べ物を十分に摂り、よく歩くなどして筋肉の熱生産を促すと少しずつ不快な症状が改善されるでしょう。

ストレスや生活習慣の乱れ

摩擦や紫外線による肌へのストレス、ダニ、アレルギー物質、公害などの環境や人間関係のストレス、そのようなストレスが女性ホルモンの乱れを引き起こすことも原因となります。
ストレスや生活習慣などで自律神経が乱れると、血管が拡張された状態のままになってしまいます。ストレス源となるものをできるだけ避けるようにし、バランスのとれた食事を摂ることでストレスに負けない身体をつくり、健康な皮膚へ導くことができます。食物繊維の多い野菜だけでなく、食事全体の糖質や脂質、タンパク質のバランスも肌に影響します。食事内容が偏らないように意識してください。また、睡眠不足は、自律神経の乱れにつながります。血管の拡張や収縮調節の役割がある自律神経の不調は、毛細血管の拡張を起こすので、しっかりと睡眠をとりましょう。

アルコールの摂りすぎ

アルコールや刺激の強い香辛料は、毛細血管を拡張させる作用があります。これらを習慣的に摂りすぎると、血管が開くだけでなく血流も滞り、血管内に血液がたまりやすくなります。アルコールや刺激の強い香辛料などは、食事に彩りを添える程度にたしなみ、過剰に取り過ぎないようにしましょう。

シロメルの効果

シロメルは、敏感肌、乾燥、ニキビによる「赤ら顔」が気になる方に特化したローションです。話題のヒト幹細胞エキスや4種類の漢方、アルテロモナス発酵エキスを配合し、赤みの原因へアプローチします。さらに、保湿効果を高めるヒアルロン酸やコラーゲン、6種類の植物成分も配合して肌に潤いを与え、肌の健康を保ちます。10種類の無添加(香料、着色料、パラベン、鉱物油、紫外線吸収剤、シリコン、キレート材、タール系色素、サルフェート、酸化鉄)で、低刺激な処方だから肌の弱い方も安心して赤ら顔対策ができます。また、顔だけでなく、全身にも使用できます。

うるおいテクスチャー

三種類のセラミド(セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP)と三種類のヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸)を配合。
テクスチャーはさらっとして、適度なとろみでお肌にしっかり浸透し、ペール感に包まれます

4種類の漢方を配合

 和漢の底力で肌力を活性化します。4つの和漢方薬「オタネニンジン根エキス」、「オウゴン根エキス」、「マグワ根皮エキス」、「ショウガ根エキス」でベースにアプローチし、基本となる肌状態を整えて、潤いを与え健やかな環境へ導きます。

話題のヒト幹細胞エキス

 今話題の「ヒト幹細胞エキス」は、肌あれや透明感を保つ機能があります。ヒト幹細胞成長因子や酵素、コラーゲン、ヒアルロン酸などをたっぷり含んでいて、潤いを保ち、いきいきとしたツヤ肌に保ちます。実際に学術発表されている効果としては、シワ改善・防止効果、美白効果、発毛・増毛効果、抗酸化作用などがあり、エイジングケアの切り札として注目されています。

シロメルの口コミ

*Choco 50代 乾燥肌
皮膚が透けて毛細血管が見えるほどの赤みで悩んでいました。テクスチャーは、ほんのりとろみがあって素早く肌になじんで、みずみずしく仕上がります。無香料でシンプルな使い心地です。使い始めてから、顔の赤みは薄くなって、肌の色味が均一になってきました。メイクもナチュラルに仕上がるのでとても嬉しいです。

*Mari 40代 普通肌
手に取るとサラッとしたテクスチャーのローションで、肌につけるととってもみずみずしくて、肌なじみも良くベタベタしません。とっても使い心地がいいですね。
サラッとしていますが保湿はしっかりしてくれるので、乾燥は気にならなくなりました。体調を崩したりしたどきなどに赤みが出やすいのですが、これを使うと肌が落ち着いてくる感じで、赤みも出にくいです。無添加処方で肌に優しいのも気にいっています。続けて使って、肌の不調によるストレスが軽減できたら良いと思います。

*Hachi 40代 普通肌
若い頃からずっと赤ら顔で、もう解消されないとあきらめていました。
洗顔、化粧水など刺激があるとすぐ赤くなるので、化粧でごまかしていました。
シロメルも半信半疑で使ってみましたが、ちょっとびっくり、お風呂上がりの私の真っ赤な顔の赤みをおさえてくれます。他にもそんなローションあるにはありますが、これには即効性があって感動。テクスチャーはサラッとしていて、肌にのせるとモチモチの高保湿です。
赤ら顔にお悩みの方は試す価値ありです

シロメルの成分

シロメルの全成分は以下の通りです。
水、BG、グリセリン、トレハロース、ペンチレングリコール、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、アルテロモナス発酵エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、ショウガ根エキス、マグワ根皮エキス、オウゴン根エキス、セラミドNP、セラミドAP、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、加水分解コラーゲン、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、アロエベラ葉エキス、キュウリ果実エキス、シソ葉エキス、アラントイン、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、クエン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリン、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、エタノール、カプリリルグリコール、ラウロイルラクチレートNa、酢酸トコフェロール、コンフリー葉エキス、カプリロイルジペプチド-17、フィトスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、カルボマー、トコフェロール、ナイアシンアミド、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、メチルヘスペリジン、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、コーン油、パルミチン酸レチノール、セラミドEOP、シアノコバラミン、コレカルシフェロール、フェノキシエタノール

話題のエイジングケア成分「ヒト幹細胞エキス」

 ヒト幹細胞エキスとは、ヒト幹細胞培養上清液のことです。この培養液は、幹細胞が分泌した成長因子や酵素、コラーゲン、ヒアルロン酸などをたっぷり含んでいます。特に、ターンオーバーを促してシミやくすみのない滑らかな肌へと導くEGF(上皮細胞成長因子)や、真皮の線維芽細胞に働きかけてハリや弾力をもたらすFGF(線維芽細胞成長因子)、ダメージを受けた細胞の修復やコラーゲンの合成を促進するPDGF(血小板由来成長因子)など、豊富な成長因子を含有しているのが特徴です。肌本来の再生力にアプローチすることで、シワやたるみのない若々しい肌へと導くことが期待されています。
 

バリア機能とハリ・ツヤに特化した「アルテロモナス発酵エキス」

 「アルテロモナス発酵エキス」は、コパラと呼ばれる特殊地層からのみ採取できる成分で「海のヒアルロン酸」とも言われる多糖類です。肌の水分を強力に保持し、しっとり保護する働きがあります。また、PM2.5からの保護効果、フリーラジカルによるダメージの抑制効果、重金属類のキレート作用、炭化水素類および重金属類によるダメージの抑制効果などがあり、肌のバリア機能を担います。

セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

 敏感肌や乾燥肌を改善し、キメの整った肌をつくるには、表皮角化細胞の正常な成熟化が重要なポイントです。 セイヨウシロヤナギ樹皮エキスは 肌内部から肌本来のチカラを呼び戻し、乾燥や肌荒れを改善しキメ細かく滑らかで潤う肌をつくるサポートをする成分です。

4種類の和漢エキス

*オタネニンジン根エキス:高麗ニンジンの根から抽出されたエキスで、ビタミン、フィトステリンを含み、血行促進、肌細胞を活性化し肌を再生を促すサポートをします。
*オウゴン根エキス:オウゴン(黄?)、和名コガネバナから抽出されたエキスで、消炎・保湿などの美容効果で知られ、美白やニキビケアなどの効果が期待できます。
*マグワ根皮エキス:真桑の根皮から抽出されたエキスで、保湿効果に優れ、肌の潤いを保ち、肌荒れを抑えます。また美白効果も期待できます。
*ショウガ根エキス:生姜の根茎から抽出されるエキスで、肌に潤いを与え、すこやかに保つ作用があります。また、肌を明るく保つ、ハリを与える効果も期待できます。

6種類のセラミドとヒアルロン酸

赤みの改善には保湿が重要!「セラミド(セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP)」3種類と「ヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸)」を3種類の6種類の潤い成分を配合しています。高浸透高性能な成分が肌を保湿してくれます。

6種類の植物由来の成分

肌を引き締める成分のアルテア根エキス、キメを整える成分のカミツレ花エキスとトウキンセンカ花エキス、ハリを与えるアロエベラ葉エキス、保湿成分のキュウリ果実エキス、肌荒れを防ぐシソ葉エキスの6種類の大地の恵みを配合しています。植物の力で肌力を活性化させます。

シロメルの使い方

 洗顔後、適量を手のひらに取り、気になる部分にやさしくなじませてください。

シロメルの安全性・品質へのこだわり

 肌にストレスを与える着色料・香料・パラベン・紫外線吸収剤・酸化剤、シリコン、キレート剤・サルフェート・タール系色の9種類の無添加。肌に優しい低刺激な処方なので、敏感・乾燥肌でも使えます。