葬儀とは何か 葬儀の種類など

亡くなった人を弔い、別れを告げる儀式です。宗教や土地と特に密接に関わることが多い儀式といえるでしょう。死は突然やってくるものです。自分が葬儀をとりしきる立場になったとき、どう振舞えるか、予備知識をつけておくことは大切です。
まずは代表的な葬儀の種類について見ていきます。

通夜、葬儀と告別式について
通夜は、葬儀の前夜に火を絶やさないよう付き添うという儀式ですが、告別式には参加できない個人と親しかった人が、最後のあいさつをする場ともなっています。
葬儀と告別式は同時に行われることが多く、葬儀は亡くなられた方を成仏させるための儀式、告別式は故人とお別れを行うための儀式です。
本葬の前に少人数で行われる「密葬」
密葬とは遺族、親族や親しい人だけで行う葬儀のことをいいます。しかし、それだけで済ませるのであれば「家族葬」ともいえ、密葬は、あとに本葬、社葬などを行う前提で行うのが通常となっています。年末年始に亡くなった場合、有名人の場合など、まず密葬を行ってから、一般を招いた本葬を行うという流れです。
少人数で行われる「家族葬」
家族葬は依存、親族など限られた少人数のみが参加する葬儀です。参列しない方たちには「ご会葬もお供物もご辞退させていただきます」と連絡を行います。
企業が執り行う「社葬」
企業の重要な立場にある人や、業務中に亡くなられた人の場合、企業が主体となって行う葬儀を社葬と呼びます。一方、遺族が主体となる葬儀を個人葬といい、企業と遺族が一緒になって行う葬儀を合同葬といいます。 また、企業ではなく、何らかの団体が主体となった葬儀を団体葬といいます。