葬儀のマナー

故人を大事に弔う気持ちが一番大事ですが、厳かな場となる葬儀では、マナーも どうしても気になるものです。ポイントごとに基本的な決まりを確認しておきましょう。

葬儀の服装について
男性はダークスーツに白いシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下というのが基本です。女性は黒で無地のフォーマルドレス、ワンピース、スーツ、ストッキングや靴も黒色です。アクセサリーを付けるなら、黒か白の真珠のネックレス程度となります。
焼香の仕方について
現在多くみられる抹香(まっこう)による立礼焼香の流れを紹介します。まず遺族と僧侶に一礼をし、仏前に立ち一礼します。右手の親指、人差し指、中指で抹香をつかみ香炉にくべます。 宗派によってこれを1~3回行い、合掌します。
香典について
包む金額は故人との関係により異なりますが(親族ではなければ5,000~10,000円など)、4、9を除いた奇数、また新札ではなく古い紙幣がマナーとされているようです。香典袋の表書きは、だいたいの宗教で使えるといわれている「御霊前」が無難とされています。