近年の葬儀はこんな流れ

ここでは、近年よく行われているタイプの葬儀について、流れをおってみます。 葬儀が始まるまでの準備段階については「葬儀の準備はこうしよう」を参考にしてください。

①通夜
だいたい18時頃に開式し、僧侶による読経が始まります。途中、参列者、遺族、親族が焼香を行います。その後、僧侶の説法などがあり、式が終わると、通夜ぶるまいの席に移動します。通夜ぶるまいとは、弔問客に対するお礼として、食事やお酒がふるまわれる会のことです。
最近は半通夜といって、通夜は午後21時まで頃とし、その後は遺族、近親者だけが夜通し付き添うということが多いようです。
②葬儀・告別式
通夜の翌日、午前11時頃から開始されます。開始時間になると、僧侶が入場し、読経を始めます。途中、参列者、遺族、親族が焼香を行います。
次にお別れの儀として、棺のふたが開けられ、花、副葬品などを納めてあげながら、お別れの挨拶となります。
③出棺・火葬
近親者が棺を霊柩車まで運びます。その後分かれて車に乗るなどし、火葬場へ移動します。
火葬には1時間以上かかり、その間は休憩します。火葬が終わると納骨し、斎場に戻ります。斎場に戻ったあと、初七日を行う場合も多いです。