お盆の風習

先祖の霊を迎えて供養するお盆。最近はお墓参りもなく旅行や遊びに行くなど、風習は希薄になってきた感はありますが、故人を大事にし、懐かしみ、生死について考える大切な機会となるものです。

お盆の由来と時期
「盂蘭盆会」を略したものがお盆。盂蘭盆会も、サンスクリット語の「ウランバナ」から来たものだそうです。これは逆さにつられること、非常な苦しみから救うということを意味しているということになります。
お盆の時期は地域によって違いがあります。明治時代に新暦の採用が決まり、その対応が各地により異なったためといわれます。東京などでは7月13日~15日という日をそのまま新暦で引き継いだ形で、関西などは、時季を合わせて日は1か月遅れることとなり8月13日~16日、沖縄などは旧暦の7月13日~15日をそのまま採用しているようです。
お盆の内容 迎え火や送り火など
お盆は、13日が先祖の霊を迎える、迎え盆、16日が霊を帰す送り盆となっています。 迎え盆にあたっては、仏壇、精霊棚などを設け、前に盆提灯を置きます。庭ではカンバという白樺の皮を炊き、霊が家に戻るための目印となる迎え火とします。送り盆では、迎え火と同じ位置で火を焚き、霊を送ります。 四十九日後、初めて迎えるお盆を新盆といい、通常の盆提灯の他に、白提灯を用意するなど、特に丁寧にとりおこなうこととなります。