法事・法要のしきたり

冠婚葬祭の「祭」は特に、何のことか?とか、単にお祭りのことかと思われる方が多いと思います。これは実は、法事・法要など祖先の霊をまつることを指しています。

法事と法要の違いって?
簡単に言うと、法要は故人の冥福を祈る追善供養のことを指し、一方法事は、法要の後の会食や、祈願、報恩等も含めてのことだと言われています。一般的には同じような使われ方をしていると言ってもいいでしょう。
代表的な法事の種類
細かく見ると亡くなった後10以上の法事が続くことになりますが、ここでは一般に特に重要視されている法事を紹介します。
・初七日
初七日は、葬儀からあまり日が経たない日にあるため、葬儀当日、火葬の後に合わせて行われることが多いです。
・四十九日(中陰)
仏教においては、7日ごとに法事・法要(初七日、二七日、三七日など)があり、特に人が亡くなってからの49日間のことを四十九日と呼び、忌明けの法要として行われます。あの世へ旅立つための期間としてや、極楽浄土に行くか地獄に行くか審判が下されるときともされます。
・一周忌(満1年目)
年忌法要として行われます。この日までが喪中とされます。
・三回忌(満2年目)
三回とありますが、満2年目のことを指します。以後、七回忌は満6年目といった形になります。
法事の注意点
法事は命日の後には行わず、前に行うものという風潮があります。ただ、どうしてもダメであるというものではないようです。ただ、慌てて行ったという目で見られてしまうことや、後でいいと思っているとどうしても遅れてしまうこと、地域の風習にもよるので、早めに法事の準備はしておきましょう。