教会式の流れとマナー

最もポピュラーといえるかもしれない、教会式の流れについてです。
カトリック、プロテスタントの宗派によって神父と牧師と呼び方が異なるように、式にも多少違いが出てきますが、一般的な流れをここでは紹介します。

①入場
参列者は事前に席についています。新郎新婦の親族が前方、友人がその後ろに座ります。新郎がまずはひとりで入場し、聖壇の前で新婦を待ちます。その後新婦が父親と共に入場します。
②賛美歌
賛美歌を合唱します。歌詞はあらかじめ配られているので心配ありません。
③誓いの言葉
神父、または牧師に、永遠の愛を誓うか問いかけられ、新郎と新婦はそれに答えます。
④指輪の交換
新郎から新婦、新婦から新郎の順に、それぞれの左薬指に指輪をはめます。
⑤結婚証明書へ署名
結婚証明書に新郎新婦それぞれが署名します。
⑥誓いのキス
誓いのキスを行います。口にするか、頬にするかは、あらかじめ決めておきます。
⑦神父、牧師の祈祷
神父、または牧師がお祈りをしますので、参列者は目を閉じて両手を組み、一緒に祈ります。
⑧退場
新郎新婦が先に退場をし、参列者は拍手でそれを送ります。