人前式の流れとマナー

宗教を問わず、出席者立会の元行われる人前式。しきたりなどはなく自由なスタイルが特徴なので、式の流れも人によって異なることがありますが、基本的には以下のような流れで行われます。

①新郎新婦の入場
参列者はあらかじめ席についています。まず新郎が入場し、父親に先導されて新婦が登場というオーソドックスなものから、家族構成などによってオリジナルにできます。
②開会のあいさつ
司会者が開会のあいさつをします。人前式について簡単に説明されることもあります。
③誓いの言葉
新郎、新婦がそれぞれ誓いの言葉を読み上げます。形式は決まっていませんので、プロポーズ風にしたり、その人ならではのユニークなメッセージを読むことができます。
④指輪の交換
新郎新婦で指輪の交換をします
⑤誓いのキス
誓いのキスをします
⑥結婚証明書への署名
結婚証明書に新郎と新婦、立会人などが署名します
⑦承認宣言
ふたりの結婚を認めるという承認を、列席者の拍手などに代えて行います。
⑧退場
退場します。フラワーシャワーなどの演出が行われることも。