仏前式の流れとマナー

あまり一般的とはいえませんが、仏前式についても見ておきましょう。 基本的には仏教徒が行う式で、仏様、ご先祖に結婚を報告する儀となっています。仏教でいえば、結婚する二人はもともとの縁があり、そのことに感謝するということになります。

①入堂する
菩提寺などで式は行われます。まず参列者、次に新郎新婦、そして僧侶が入堂します。
②敬白文朗読
僧侶が仏様や先祖に結婚を報告する敬白文を読み、加護を祈ります。
③念珠授与
仏前の念珠、白房のものを新郎に、赤房のものを新婦に、僧侶が授けます。
④司婚の辞
新郎新婦が結婚の誓いを立て、僧侶が二人の結婚が成立したことを宣言します。
⑤焼香
新郎、新婦の順で焼香し、合掌します。
⑥誓杯の儀
神前式における三三九度と同じですが、小さな盃だけを用いて三口で飲み干します。
⑦祝辞
僧侶による祝辞、法話などが行われます。
⑧退場
僧侶、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順で退場します。